カテゴリー「OASIS来日2009」の記事

2009.09.05

もうダメ・・・かな!

OASIS。ノエル・ギャラガー、衝撃の脱退宣言から一週間経った。が、バンド側(リアム側?)からの公式コメントは何もないまま。リアム、ノエル共にイタリアにバカンスに出てしまった(もちろん、同行ではない。違う街に出掛けている模様)。公式サイトでは、初期の名曲"LIVE FOREVER"のPVが何かにノミネートされた、とか呑気なニュースが更新されている。

しかし、だ。バンドはワールドツアーをラスト数回のギグをキャンセルしたまま切り上げてしまったのだ。それでバカンスか?これがトップ・ブリティッシュ・バンドのすることか?冷却期間が必要だから?それだったら、お互い自宅に籠って散々悩めば良い(まあ、バカンスはイギリス国内のマスコミから逃れるためでもあるのだろうが)。ひょっとしてこのワールドツアーの間に双方ともバンドを終了させることを考えていたのではないか?俺はノエルの肩を持つつもりも、リアムの味方をするつもりもない。ここに来て何だか凄く腹が立っているのだ。

彼らがそれぞれに「俺様」人間であることは(もちろん、それが彼らの魅力の一つになっていることも)とっくに承知だ。でも、今回の件はあまりにもファンを蔑ろにしているように思える。もう結構、解散しちまえよっ!!!iPodからオアシスのアルバムは全て外した。自家用車用のCDポーチからも全て外した。あくまでもメンバーの姿が見えず、ただの音楽として聴ける時まで、当分の間封印だ。

そんな事より、来週、9月9日にはBEATLESのリマスター盤が店頭に並ぶではないか!MAGICAL MYSTERY TOURとREVOLVERとABBEY ROAD。まず3枚、同時に買うぜ。アビー・ロードなんて手持ちの国内盤を(個人的な国内盤排除キャンペーンで)売って以来、もう何年も聴いていないのだ。B面(じゃない、後半か)のメドレーがもの凄く楽しみ!

OASISがBEATLESの再来だって?

冗談じゃないよっ!まったく。

ビートルズの足元にも及ばないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.30

もうダメ・・・なのかな?(2)

こんばんは。投票は午前中に済ませましたよ。

さて。

ノエル・ギャラガーからOASIS脱退について新たなコメントが公式サイトに掲載された。脱退の理由を「若干」詳しく述べた、とでも言おうか。彼の不満はリアムに対するものだけではなかったらしい。果たしてオアシスは解散するのか?ノエル抜きで続行するのか?他メンバーからのコメントが全く公開されていないのでもう少し様子を見たいところ。

ノエルが仮にソロで再出発をするとしたら、彼も敬愛する二ール・ヤングやボブ・ディランのレベルを目指すのだろう。しかし、残念ながらそれは無理だろうな。ソングライティングはともかく、そこまで彼にフロントマン・ヴォーカリストとしての力があるとは思えない。

オアシスが仮にノエル抜きで続行するとして、リアム・アンディ・ゲムの3人が奮起すればどうだろうか?アンディが"TURN UP THE SUN""KEEP THE DREAM ALIVE"レベルの曲を書きまくるかも。バンドの指揮とリードギターはゲムが。リアムにはもっとプロフェッショナルな?ヴォーカリストになってもらって、バンドの広報のメインになる。ドラムのクリスが正式加入して、ツアーでは誰かサポートのギタリストを。いや、アンディがギターにスイッチして新ベーシストか?意外にイケるかも?

・・・・・・なんてね。つまらないことをついつい考えてしまう。まあ、どういう進行になっても潔く受け入れようと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.08.29

もうダメ・・・なのかな?

何のことか、驚かせてしまったのなら、ゴメン!

俺は昨夜無事岡山から戻ってきました。今はちょっと疲れてるけど、まあ、大丈夫です。

さて。

ノエル・ギャラガーがOASISのオフィシャルサイトに「バンドを脱退する」というコメントを発表した。原因はやはり、弟リアム・ギャラガーとの不仲で「もうリアムとは一緒にやっていけない」という意味のコメントも掲載されていた。ずいぶん前にも、この兄弟の不仲が原因で「どちらかが脱退」やら「オアシス解散」の噂は何度も出ていたが、今回ばかりは現実になりそうな気配が濃厚かと思う。

前兆はあった。リアムが服のブランド"PRETTY GREEN"を立ち上げTwitterによるブログを開始してからというもの、ノエルのブログとの間で兄弟はネット上でお互いを非難し合っていた。インタビューでも「移動中は全く顔を合わさず、ステージ上でもまともなやり取りをしない」というような発言が出る始末。俺も最初は「また例の兄弟喧嘩かい」と笑って眺めていたが、最近は「どうにも大人げないっ!」と腹を立てていたところだった。

ギャラガー兄弟の間に実際のところ何があるのかは分からないし、知りたいとも思わない。ただ、バンドが奏でる音楽はレコードを聴く人、ライヴに来る人に夢を与えるものであり、特にオアシスの音楽にはその要素が強いと俺は思っている。例のネットでの兄弟のやりとりは、「音楽が良ければイイじゃん」というところを通り越して、こちらを不愉快にさせるものだったと言わざるを得ない。20代の若造ならともかく、もう40を過ぎた兄、30代半ばの弟なのだ。内幕を簡単に表に晒すようなことは慎むべきじゃないのか。

やっぱりOASISはU2やREMにはなれないのだろうか。それがオアシスだと言ってしまえば良いのだろうか?ここ2作のアルバムの出来が最高だっただけに、どうにも残念だ。ノエルとリアム、どちらが欠けてもOASISではない。もうアンディ・ベルとゲム・アーチャーが欠けてもオアシスではない、というところまで来ていると思っていたのに!本当に残念だ。

しばらく、OASISの作品を聴く気にはなれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.28

MステでOASISを観た

というわけで、このTV出演が俺にとってのOASIS来日公演のアンコールであった。

なんとか仕事を片付けて(来週頭から岡山出張なので、タイムリミットのある業務が沢山!)、夜7時にはTVの前に。オープニングからちゃんとメンバー4人出てくるし。リアムはタモさんと握手してるし。演奏の前には全員ひな壇に腰掛けてるし!

演奏は番組のほぼ最後だったが、"FALLING DOWN"→"THE SHOCK OF THE LIGHTNING"の2曲。前者は次のシングルであり、他局の深夜アニメのOPに決まったとのこと。しっかりプロモも兼ねていたわけだ。さらに番組終了の時には、ノエルが一人で"WHATEVER"を弾き語りしてるのがチラッと映り・・・これはテレビ○日も意地が悪いっ!

リアムの声が少し調子を崩しているように思えたが、終始茶目っ気たっぷりで去り際には日本語で「アリガト」!しかし、何といっても今回のMVPはドラムのクリスだろう。"SHOCK"のドラムソロの直前、カメラが彼を大写しにした途端、右手のスティックを飛ばし、すかさずスペアを引き抜いた。これぞプロフェッショナル!こんな奇跡的なショットは、PINK FLOYD "LIVE AT POMPEI"のニック・メイスン以来である。クリスのオアシス正式加入は、もはや決定だろう!

つくづく、良い意味での「大人のロック・バンド」になったものだ、と感心した。メンバー全員、実にカッコ良く歳を重ねている。考えてみれば、オアシスのメンバーは、皆ほぼ俺と同世代なのだ。俺も頑張らないとね!ありがとう、オエイシス!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.26

OASIS来日公演 日本ガイシホール 2009.3.18

セットリスト(他サイトより転載)

FUCKIN' IN THE BUSHES
ROCK 'N' ROLL STAR
LYLA
THE SHOCK OF THE LIGHTNING
CIGARETTES & ALCOHOL
THE MEANING OF SOUL
TO BE WHERE THERE'S LIFE
WAITING FOR THE RAPTURE
THE MASTERPLAN
SONGBIRD
SLIDE AWAY
MORNING GLORY
AIN'T GOT NOTHIN'
THE IMPORTANCE OF BEING IDLE
I'M OUTTA TIME
WONDERWALL
SUPERSONIC
-encore-
DON'T LOOK BACK IN ANGER
FALLING DOWN
CHAMPAGNE SUPERNOVA
I AM THE WARLUS

OASISの音楽とは、彼らのデビュー当時からの付き合い。1stアルバムも2ndアルバムも好きだったけれど、俺が本当にのめり込むようになったのは、前作"DON'T BELIEVE THE TRUTH"からである。だから、生で彼らを観るのも今回が初めて。観る前は、「一緒に合唱しまくって、喉ガラガラになって、あー楽しかった!」で終わるんだろうなと思っていた。彼らのステージは、U2のように演出がしっかりしていてライヴ全体にストーリー性があるようなものではなく、ただメンバーがやってきてひたすら演奏して帰っていく、というものであることは知っていたからだ(もちろん、どっちが良い悪いということではない)。

で、もちろん一緒に歌いまくって、喉ガラガラになって、あー楽しかった!のだが、それだけでは全くなかった。"I'M OUTTA TIME"では感極まって泣いてしまったし(昨秋、THE WHOさいたま公演での"BEHIND BLUE EYES"以来のことである)、"SLIDE AWAY"→"MORNING GLORY"とカタルシス溢れる鉄板曲を連続でブチかまされ、骨抜きにされてしまったのは言うまでもない。良かった。ホントにイイ、ライヴだった!!!すでに一週間経ってしまってからこれを書いているのだが、実はまだお楽しみが残っている。明日のMステに生出演するのだ!2曲演奏するとのこと。1曲は"THE SHOCK OF THE LIGHTNING"で決まりらしいが、もう1曲は何だろう?俺は"ROCK 'N' ROLL STAR"だと予想している。「ロックン・ロールの星」→「稲妻の衝撃」の順ではないか、と。

メンバー、やっぱり今の布陣が最強なのだと思う。アンディ・ベルもゲム・アーチャーも、サポートのクリス・シャーロックもジェイ・ダーリントンも、現代UKロックの生き証人、猛者ばかりである。時間はかかったけれど、ギャラガー兄弟の元に集まるべくして集まったのだ。今回のツアーから加入したドラムのクリス、パワーヒッターでプレイに華があって素晴しかった。ザック・スターキーが抜けたのは残念だが、彼にはどうしてもTHE WHOのドラマーでいてもらわなければならない。これで良いのだ。多分、クリスは次のアルバム制作時から正式メンバーとして迎えられることだろう。これからのオアシスが、ますます楽しみになってきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.18

名古屋へ

ただ今、中央道の中津川を過ぎたあたりのSA。車移動で名古屋へ移動中。今夜、名古屋でOASISジャパンツアーの初日を観る。

明日は午前移動で東京へ向かい、午後、親父が参加している「朗読の会」の発表会を観る予定。そのまま実家に泊まって、39才の誕生日を迎えることになりそう。

今日明日、仕事は有給休暇。でも、さっき桂川のSAから一本電話してしまった。くー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.02

夢は続くよ(2)

昨日の晩は仕事で栃木県北に宿泊。先ほど、ちょっとソワソワしながら帰ってきた。来年3月のOASIS名古屋公演(何で名古屋にしたのかは、前の記事を読んでね)のチケットの抽選結果が自宅PC宛のメールで届いているはずだったからである。

結果は「当選」!席番が分かるのは来週末開始のコンビニ発券をしてから。とりあえず、これで3月18日は何としてでも休み。翌19日も(間違いなく名古屋に泊まるので)休み。翌々日の20日は春分の日で休み(ちなみにこの日で39歳になってしまう)、20日は金曜なのでそのまま土日合わせての5連休が決定である。うん、勝手に決定するぞっ!

まあ、自分への誕生日プレゼントとして、たまには良いだろう。これでも日々、いろいろ擦り減らしながら生きてるんだからさ。お腹の肉は減らないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.22

夢は続くよ

THE WHOの来日公演を観てから一週間。まだ興奮冷めやらぬところもあって、昨日は仕事の帰りに名作"KIDS ARE ALRIGHT"(ロックのドキュメンタリー・フィルム、永遠のNo.1!)をようやくDVDで買い直した。これまで学生時代に買ったVHSをずっと大事に観てきたのだ。

帰宅して早速観たのだが、VHSでは音源のスピードが違っているところが多かったんだな。またカットされていたところもDVDでは随分復活している(ストーンズのロックン・ロール・サーカスでの"A QUICK ONE"のフル演奏、キース・リチャーズによる紹介など)。何より画質が良くなっているんだから、また一つ宝物が増えたというもの。まったく、学生時代、夜中にこのVHSを観ながら何度泣いたことか。今でもラストの"WON'T GET FOOLED AGAIN"では泣いてしまう・・・。

さて、そんな中、THE WHOと入れ替わるようにして、「OASIS来日公演決定」のニュースが!来年3月の後半、名古屋・札幌・大阪2日・東京2日と回ってくれるのだ。主催者先行予約というのが今日からスタート。もちろん俺も迷わず予約を入れたのだが、どこの会場にするかは2・3日前からかなり迷っていた。

というのは、今回の東京公演は幕張メッセのイベントホール、オールスタンディングなのだ。この会場に足を踏み入れたことはないのだが、ネットの書き込みを参考にする限り、音は良くない模様。オールスタンディングは盛り上がるだろうが、何分背が低いので一昨年のU2でかなり堪えたのを思い出した。

そこで今回、敢えて名古屋公演に予約を入れてみた。名古屋と札幌は全席指定だからだ。予約といっても、これから抽選に掛けられるので外れる可能性もあるのだが、当選すれば有給休暇取って名古屋行きである。クルマで行ってみようかな。上信越道~長野道~中央道かな。コンサート終わったら名古屋に宿泊だなあ。などとすでに当選した気になっているのだが。仕事?何とかなるでしょ。全然有給消化出来ていないんだし。

また、おそらく追加公演も出るだろうと思う。来日スケジュールにだいぶ空きの日があるし。東京で武道館とか。そうしたらそっちにも行ってみたい。ロックン・ロールの夢は続く、途切れない。OASIS来日の頃にはU2のニューアルバムがリリースされていて、彼らの来日の噂も立っているかもしれないな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)