カテゴリー「U2来日2006」の記事

2006.12.07

U2その後~ライヴを観終わって

(こんな時に限ってniftyさんがブログのメンテだとかいってコメントやトラックバックの受け付け、更新も出来ないようにしていました。今は復活しています。もしコメント、トラックバックしようとしてくださった方がいらしたら・・・いないか?・・・ゴメンナサイでした。しかもそのメンテというのが結局障害が起きるとかでまた元に戻したんだって。niftyめ!プロバイダ乗り換えるゾ!)

さて、更新が出来ない間に頭を整理しようとしたのだが、ままならず。興奮が冷めないのか、気が抜けてしまったのか、まだ妙な余韻が残っている。大物のライヴを観に行くこと自体が久しぶりだったが、こんな感覚は初めてかもしれない。

また、通常俺はライヴを観に行った後しばらくはその人のCDを聴かなくなる傾向があるのだが、今回に限ってはそれも違う。返って浴びるようにU2を聴きたくなるのだ。特に最新作のHOW TO DISMANTLE AN ATOMIC BOMB、ライヴ前と少し印象が変わってきている。生でSOMETIMES YOU CAN'T MAKE IT ON YOUR OWNを聴いたからか。もっと私的な(やっぱりボノとお父さんの、が強いのかな)アルバムに聞こえてきている。

彼らにとっての「ツアー」というのはアルバムのプロモーションというだけではなく、「ツアーをやることでアルバムが完成する」ということなのかな、とようやく気付いた(だから、ZOO TVツアーもPOP MARTツアーも観に行くべきだったのだ)。今回のワールドツアーもあとハワイ公演1回を残すだけだそう。足掛け2年間のツアー、お疲れ様でした!凄いバンドだよ、まったく・・・。今回のステージだって、「手馴れた」感じは全くなかったもの。4人とも、全身全霊で演奏に打ち込んでた。もう、一生ついていきます!

こうやってまた聴き続けているうちに新作の情報も入ることだろう。今回のライヴでの反応で(あまりの凄さに、アリーナBLブロック、スタンディングの3列目あたりにいた俺は途中で意識が遠のきかけた。体にはまだ痛みが残っている)、メンバーの日本のお客さんに対する意識も変わったことだろう。次のツアーでも必ず来日してくれるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.05

先程帰宅

01 - City Of Blinding Lights
02 - Vertigo / She Loves You (snippet)
03 - Elevation
04 - Out Of Control
05 - I Still Haven't Found What I'm Looking For / In A Little While (snippet)
06 - Beautiful Day
07 - Angel Of Harlem
08 - The First Time
09 - Sometimes You Can't Make It On Your Own
10 - Bad / Ruby Tuesday (snippet)
11 - Sunday Bloody Sunday
12 - Bullet The Blue Sky / When Johnny Comes Marching Home (snippet) / The Hands That Built America (snippet)
13 - Miss Sarajevo
14 - Pride (In The Name Of Love)
15 - Where The Streets Have No Name
16 - One

encore(s):
17 - The Fly
18 - Mysterious Ways
19 - With Or Without You
20 - The Saints Are Coming
21 - Window In The Skies
22 - Vertigo

(セットリストはmixiのU2コミュより転載)

0時半頃帰宅。個人的なベストは"ONE"、"THE FLY"、"MYSTERIOUS WAYS"。決して音響が良いとは言えない屋内スタジアムでバンドのグルーヴが一番感じ取れたナンバーだった。"MYSTERIOUS ..."では昔のベリーダンサー(確か今はエッジの奥さんだとか!)の代わりになんと舞妓さん3人が登場!粋な演出でした。ラストに"VERTIGO"をもう1回。できれば"WALK ON"で締めて欲しかったのだが・・・。余韻を残す、よりはキレ味を効かせたライヴだった、のかな。ボノのヴォーカルは物凄かった。"ALL THAT"アルバムの頃は「ちょっと良い具合に枯れてきたかな」なんて思っていたが、ここに来て若返ったかのようだ。"BAD"と"MISS SARAJEVO"が特に圧巻だった。とりあえず今日はここまで。更なる感想は、また後ほど。

(↓解像度の悪いマイ携帯で恐縮だが、スクリーンに"ONE"の文字が出た時)

U2_one_20061204

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.04

終わっちゃった

詳しくは後ほど。大汗です、風邪ひくな、こりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入りました

思ったよりステージ近いんですけど!今日ほど背がもう10cm欲しいと思うことはない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まもなく入場

外で並んでます。コート車に置いてきたので寒いんですけど。でもスゲー楽しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U2、さいたまスーパーアリーナ

早めに着いてジョンのミュージアムも見学。今U2のグッズ買いの行列の中。凄い人数です。アムネスティへの募金、署名もしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U2のライヴを目前に

いよいよ明日(正確には今日)、U2のライヴをさいたまスーパーアリーナに観に行く。彼らのライヴを観るのは'89年のLOVE COMES TO TOWNツアーでの東京ドーム公演(BBキングがオープニングアクトを務めた)以来である。'90年代のZOO TVツアー、POP MARTツアーでの来日を見逃した経緯については、ここに書いているので宜しければお読みいただきたい。

俺が彼らの音楽に出会ったのは高校3年生、アルバムTHE JOSHUA TREEの時で、先行シングルWITH OR WITHOUT YOUに衝撃を受け、国内盤のリリースが待ちきれずに当時池袋西武の10FにあったDISKPORT(WAVEの前身)でUK盤のLPを購入したのが最初だった(当時まだCDは未導入で、今みたいに輸入盤しか買わないと決めていた訳でもなかったから。まだロック初心者期間だったし)。しかし、入荷したばかりのあの黒いジャケットがお店の入り口の棚一面に並べられていたのは圧巻だったな。

以来約20年。彼らがそのパワーと創造力、世界からのリスペクトを失うどころか前進させつつトップにい続けることが出来るなんて、あの頃には想像できなかった。ロックバンドの寿命はもって10年、というのが相場だからね。

明日の彼らのステージに、一体俺は何を観るのだろう。ただただ頭の中が真っ白になってしまうだけかもしれないな。アリーナ周辺の駐車場はよく知っているので、車で出かけるつもりだ。爆音で各アルバムを復習しながら、ね。明日明後日と有給ならぬ、「U2休暇」をいただいた。会社の皆さん、ありがとうございます。

そして、早く着いたら、久しぶりにジョン・レノン・ミュージアムにも寄ろうと思う。ジョンのミュージアムを観た後に階下のスタジアムでU2のライヴを観れるなんて、最高の贅沢ではないか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

MステでU2を観た

やー、グッときた。テレビ朝日の屋上で、演奏は"VERTIGO"と新曲"WINDOW IN THE SKIES"の2曲。ボノのヴォーカル以外は「あて振り」だったけど、エッジもアダムもラリーも本気で「あて振り」していてカッコ良かったー。"WINDOW ..."は、"ORIGINAL OF THE SPECIES"の流れを汲むような展開の激しい、U2には珍しい三拍子の曲だ。これは4日のライヴはどういうことになってしまうんだ(笑)。涙でステージが見えないんじゃないか。

放送の約1時間前にアマ○ンに注文しておいた"U2 18SINGLES"が到着。今聴きながらこれを打っているが、当然ながら最高にテンションの高い曲の連続に改めて脱帽。俺はベスト盤というのも普段は全く聴かないのだが、こうして改めて彼らの功績を感じ取れるだけでも「ありがたい」というもの。ラスト2曲が新録で、GREEN DAYと組んだ"THE SAINTS ARE COMING"のカヴァーと先程の"WINDOW ..."。プロデュースはRICK RUBIN。ついに!ルービンとU2のタッグが実現!なのだが、この2曲を聴く限りではコラボレーションが上手くいったのかは・・・どうだろう?

そうそう、"THE SAINTS ..."の冒頭には「朝日のあたる家」が挿入されてるんだね。しかもちゃんと「ニューオリンズ」に歌詞が置き換えてあるし(SAINTSのシングルはハリケーン『カトリーナ』で被害を受けたニューオリンズのミュージシャン達を救うためのチャリティ盤)。

13年ほど前、TOM PETTY & THE HEARTBREAKERSがベスト盤を出した時に新録された2曲のプロデュースがやはりルービンで、それがぺティとルービンの初のタッグで傑作だった。それからしばらくこのタッグが続いた、というのがあって、U2もルービンがそのまま次のオリジナルアルバムを手がけるかも・・・と思っているのだが、どうだろうか。彼らにはENOやLANOISやLILLYWHITEの方が合っているのかも。まあ、そんな風に想像しているだけで楽しいのだが。

そういえば、U2のメンバーはもうジョン・レノン・ミュージアムを観たのだろうか。

追記:そして先ほどニュース23ではボノの独占インタビューを放送。スゴイ人だ。その昔、オノ・ヨーコさんがボノに「あなたはジョンの息子なのね」と言った訳が少し分かったような気がした。

U218singles1

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.09.07

U2その後(5)

移動途中、ファミ○ーマートがあったので立ち寄り発券!
YEAH, THAT'S THE PLACE CALLED VERTIGO!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

U2その後(4)

つい先ほどより、専用サイトに優先予約エントリーの当落確認がアップされた。

結果は「当選」!

まずは良かった良かった。12月4日、日本最終公演日。アリーナ立見である。

明日からコンビニや「ぴあ」のカウンターでチケットの引取りが出来るそうだ。

これで今日はゆっくり眠れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧