« 父の死と、U2 "SONGS OF EXPERIENCE" | トップページ | REO SPEEDWAGON "R.E.O./T.W.O." »

2018.01.03

喪中ですが 2018

父の喪中ではありますが、明けましておめでとうございます。

年末は夫婦で自宅の大掃除を念入りに行いました。大晦日は実家で母の買い物を手伝い、元旦には母を自宅に招いて昼食。母を実家に送った後、来月に父の納骨を予定している墓地に寄りました。

お墓は既に数年前、父と母が建てていたのですが、実際に僕が見るのは初めてです。墓石には(最近よくあるパターンのようですが)家名はなく、「憶」の一文字だけが刻まれていました。おそらく父のセンスによるものでしょう。ナイスだな、と思いました。

写真は久しぶりに引っ張り出してプレシジョン・ベースに付けているYing Yang模様のストラップです。陰陽(インヤン)を初めて知ったのは学生時代、僕の音楽性に最も影響を与えたジャパニーズ・ロックバンド、GLASSのトレードマークとしてでした。以来、物事を決して一元的にではなく、ただ二面性を見るだけではなく、混沌があることも見据えて捉えていくことが、特に創作活動には必要な要素なのだと思い続けています。インヤン模様は僕の原点なのです。

今年が心穏やかな年でありますように。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。




|

« 父の死と、U2 "SONGS OF EXPERIENCE" | トップページ | REO SPEEDWAGON "R.E.O./T.W.O." »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喪中ですが 2018:

« 父の死と、U2 "SONGS OF EXPERIENCE" | トップページ | REO SPEEDWAGON "R.E.O./T.W.O." »