« 出張終了。 | トップページ | 次回のライヴは、「東京・アコースティック・マインド VOL.3」 »

2007.08.26

田中正造先生への旅(5)

出張疲れも残っていたが、8月中に「切り良く」行っておきたいという気持ちの方が強く、出かけてきた。残すところ、あと2箇所。

前回見つけることの出来なかった北川辺町(埼玉県)の「田中霊場」は後回しにして、明和町(群馬県)にある「川俣事件」の記念碑へ。明和町は館林市の南隣。上武道路~国道354号で大泉町に入り、南東方面へ車を向け、邑楽町を突っ切ると明和町。そしてちょうど国道122号にぶつかる交差点が「川俣」だった。122号を横に入ってすぐのところに事件の碑はあった。

Kawamata1_2明治33年、足尾銅山の鉱毒被害民約3000人が東京へ直接請願に出ようとした(=『大押出』といった。これが4回目だったそうだ)ところ、佐貫村川俣(現明和町)において警官隊に阻止され、被害民68名が検挙された。これが川俣事件である。予審終結時点で51名が被告に、第一審判決では29名が有罪になった。正造先生はこの事件をきっかけとしてか翌年衆議院議員を辞任、明治天皇に鉱毒被害を直訴したのだった(直訴はまたも警官隊に取り押さえられ失敗。さらに先生は『狂人』扱いされ、皮肉にも?無罪に。ただし、鉱毒問題を世間に大きく知らしめることにはなった。川俣事件は第二審で大部分の被告が無罪に、またその後の公訴不受理・控訴棄却により消滅した。これらの事件をきっかけとしてか内閣に鉱毒調査委員会が設置されたが、鉱毒の処理方法は谷中村の遊水池計画へと向かってしまった)。

122号を一旦北上して354号に戻り、東へ向かう。途中、板倉町(群馬県)で昼食を挟んでしばらく行くと北川辺町である。前もって前回とは別の地図でアタリをつけておいたのが功を奏し、小学校の裏側、細い路地を入ったところに「田中霊場」はあった。

Tanaka_reijo0011_2 Tanaka_reijo0021_2 Tanaka_reijo0031_2 Tanaka_reijo0041_2 今日で、先生の全ての分骨地と鉱毒事件の主な関連史跡を回ったことになる。これで正造先生への旅は一旦終了である。正直なところ、ここまで回数を重ねるとは思ってもみなかった。それは、当初は「もっと早く回れるかな」とか、「途中で飽きてしまうかも」といった思いもあったからである。しかし、始めてみると毎回吸い寄せられるように東へと車を走らせていた。

もちろん、これはあくまでも第一巡目の終わりであって、この先、俺が正造先生やこの事件とどう付き合っていくのかの方が課題なのだろう。

I'M NO STRANGER TO THIS PLACE
WHERE REAL LIFE AND DREAMS COLLIDE
AND EVEN THOUGH I FALL FROM GRACE
I WILL KEEP THE DREAM ALIVE
I WILL KEEP THE DREAM ALIVE

(OASIS "KEEP THE DREAM ALIVE" より。正造先生にこの一節を送りたい)

|

« 出張終了。 | トップページ | 次回のライヴは、「東京・アコースティック・マインド VOL.3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田中正造先生への旅(5):

« 出張終了。 | トップページ | 次回のライヴは、「東京・アコースティック・マインド VOL.3」 »